豊明丸 [ マミラリア ボンビシナ ] 育て方と簡易図鑑

サボテンの種類と育て方図鑑

画像準備中
豊明丸(ほうめいまる) [ マミラリア ボンビシナ ]

サボテンの種類

豊明丸 – ほうめいまる (絹丸)

  • 科名 : サボテン科
  • 属名 : マミラリア属
  • 学名 : Mammillaria bombycina
  • 原産国 : メキシコ

日当

陽を好みます。育成を進めたい場合は、一年を通して長く日光に当てます。また花も咲きやすくなります。

水やり

は控え目で、乾燥気味に管理してください。

風通し

し暑さに弱いので、風通しの良い場所へ

温度

寒温度0℃で寒さに比較的強いです。※霜に当たらない環境で。
冬期は室内の暖かい場所で管理が妥当。温度が高いと成長を続ける場合もあります。

特徴

にきれいなピンク色の花が王冠状に咲きます。白刺が密生し中棘は先端がカールしてかぎ状になってます。マミラニアは夏の直射日光に弱いタイプも存在しますが、豊明丸は比較的強いです。

コメント

はけのよい用土が最適です。水はけが悪いと根腐れしやすくなります。植え替えは春から梅雨前が適正期です。

てるグラフ
< 簡単 ← 普通 → 難しい >  ※グラフが低いほど管理が簡単です。

育て方の難易度 → 0%
※育て方は地域、環境が大きく影響します。おおよその目安とお考えください。

 

010